B型女の部屋作り
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
【ラスベガス・4日目】 死の谷デス・バレーへ!②
こんばんは~。
先日に引き続き、死の谷デス・バレーの第二弾をお送りします!

---------------------------

海抜マイナス85.5メートルのバッド・ウォーターポイントの次に向かったのは、「デビルズ・ゴルフコース(悪魔のゴルフコース)」と呼ばれるポイント。

デスバレー


ここは、塩の結晶と泥が混じりあって不思議な地形になった場所。

デスバレー


見渡す限り、こんな感じのゴツゴツした地表が広がります。
ちなみに、めっっっっちゃ硬いです!!
転んだら流血間違いなしです。
転んで大泣きしている子供が居ました。

しかし、自然ってのは不思議ですなぁ。
なんでこんな風になっちゃうんでしょうね~?
名前の由来は、「ゴルフカップのような穴があいている」ことから、「悪魔のゴルフコース」となったそうですよん。

↓ つづき
-----------------------------

このあたりで、なんだか雲行きが怪しくなってきたので(ラスベガスでは雨はめったに降らないのですが)、急いで最終のポイントへ。

デスバレー


ダンテス・ビューと呼ばれるポイント。

デスバレー


足元に広がっているのは、先日記事にした「バッド・ウォーター」です。
あの塩の平野は果てしなく遠くまで続いていたんですね~!すごい!!

ちなみに「バッド・ウォーター」が海抜マイナス85.5メートルでしたが、ここのダンテス・ビューは標高1669メートル。
かなりの強風で、しかもめっちゃくちゃ寒かったです。
なのでほんの5分くらい外にでて強風にあおられながら写真撮影をして、すぐに車に戻っちゃいました。

-------------------------------------

と、デス・バレーツアーはここで終わりです。
①と②と両方見ていただければわかると思いますが、デス・バレーはビューポイントによってかなり景色も雰囲気も違って面白いです(^^)

ラスベガスからもそんなに遠くないし(片道2時間半)、朝出発して夕方前にはラスベガス市内に戻れるため1日の時間を有効に使えるのではないかと思います☆
ただ、ビューポイントとビューポイントの間が各30分づつくらい離れているので、全部見てまわると結構時間かかっちゃうかも。
あと2箇所ほどポイントがあるようですが、とりあえずメインのところは今回回った4箇所でしょうか。
途中ランチタイムをはさんでも夕方4時半頃にラスベガス市内に戻れました。

---------------------------

一旦ホテルの部屋に戻り、着替えて出かけました。

WYNNホテルの中にフェラーリのディーラーがあり、買ったり(!)見たりできるのですが、なんと入場料が10ドルもかかってしまうのです。。。
前回来たときは車見るためだけに10ドルも払うなんてバカらしい!と思って見なかったのですが、今回はせっかくWYNNに泊まってる事だし…と思って見て来ました。

フェラーリ以外にもマセラティとランボルギーニも何台か展示されていて、面白かったです♪
(車に興味のない人には10ドル払う価値はないと思いますが…)
こんな高級車ばかり置いてあって。カジノで大当たりした人が買っていったりするのでしょうかね…?
ちなみに、過去にラスベガスのカジノのスロットマシーンでの最高当選額は48億円
48億もあったら、フェラーリの1台や2台や3台くらい買ったところで痛くもかゆくもないんでしょうな。

ちなみに、この史上最高額を当てた若者の男性(26歳のロサンジェルスから来たエンジニアだったかな?)…現在行方不明だそうです。怖っ。
(注:人から聞いた話なので信憑性はさだかではありませんが、行方不明らしい…という噂です)


ちなみにちなみに、その最高額が出る前の記録だった38億円が当たった当時37歳だったカクテル・ウエイトレスは・・・当選後、交通事故にあって実姉を亡くし、本人も両足に大怪我を負ったそうです。(これは本当)

…こういう話を聞くと、そんな大金手に入れれなくてもいいから、ちょっとの幸せとちょっとの不幸せが交互にくるような平和な人生を送れるのが一番幸運だなぁと思うのです。
人生何事も「普通」が一番なのかな。ってね。

--------------------------

話が脱線しちゃいました。

ラスベガス4日目


この日は夜、シルク・ド・ソレイユの「KA(カー)」というショーを観ました。
このショーは・・・すごかった!!!!!!

私的には、同じくシルク・ド・ソレイユのショーでラスベガスで一番人気のある「O(オー)」よりも面白かったです!!!
何がすごいって、舞台装置がすごいです。
舞台があがったり回ったり垂直になったり…とにかく、あんなショー今まで見たことありません。
というかあんな舞台の仕掛けを作れるところが他にないかな…

今回は席もかなり前のほうを取れたため、キャストとの距離も近くてすごく迫力のある舞台が見れました。
ただし、空中で行われる演技も多いため、前のほうがいいかっていうと…ちょっと首が疲れるかもしれません。ただ、迫力は確実に前の席のほうがありますね。

これは、ほんっとおススメです!
これからラスベガス行く人がいたら絶対に観て欲しい~~~~。
最初っから最後まで、気を抜けるシーンがないです。

そして、途中ソロで演技のあるバトンの女性は高橋典子さんと言う何度も世界チャンピョンにもなったことのあるバトンの日本人選手です☆

----------------------------

ラスベガス4日目


ショーの後はベラージオの中にある「Picasso(ピカソ)」という地中海フレンチレストランへ。
ここは、ベラージオの元オーナーであるウィン氏(現在のWYNNのオーナー)のコレクションであるピカソの絵画が飾られてるレストランって事でも有名です。

ラスベガス4日目


お皿もピカソ☆かわいい~。
お料理は、アメリカにしてはかなり量が少なめでちょこちょこっとお皿にかわいく盛られてる感じで、味付けもかなり美味しかったです!!

テラス席もあって、夏だと夜噴水ショーを眺めながらのディナーなんてかなり素敵☆

-------------------------

この夜は、朝までカジノに居ました。
ありえない事に、2人揃って3連勝です!!!
しかもこの日はかなり大勝ちしましたよ。(ペガサス基準での大勝ちなので、まぁ根っからのギャンブラーの方々と比べるとかわいい金額ですが^^;)
具体的な金額は書きませんが、本日の賭け金が10倍に増えたんです。
例えるならば、1万円賭けてたなら10万円に、10万円賭けてたなら100万円になった、という感じですね。
まぁラスベガスではこんな事珍しくもないんでしょうが…私にとってはかなりすごい事だ!!
ラスベガスに来てこんなにカジノで儲けたのって初めて。。。
(しつこいようですが、あくまで私基準でなので、皆さんが想像されるよりも少ないと思います^^;)

どうしよう!欲しかったバッグが買えちゃう!!!!!!(喜)

最終日の明日はお買い物だわ~♪るんるん♪




01/15 10:16 | 旅行記(ホテル・旅館) | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://lovehome2007.blog89.fc2.com/tb.php/225-bba85ece
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 ペガサス娘 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。