B型女の部屋作り
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
【ラスベガス・2日目】 戦利品(予定)を物色
こんばんは~。
皆様、相方さんとの喧嘩に関しての様々なご意見やアドバイスありがとうございました!
と~っても嬉しかったです♪
その中でも「喧嘩するって事は、それだけ相手に気を使わずに自然体でいられるという事では?」という意見が多かったので、少し前向きに考えられるようになりました。
あまり喧嘩の事ばっかり書きすぎても読んでくれている皆様の気分も良くないだろうし(笑)なるべく喧嘩の事には触れずに旅行記を書き進めて行こうと思ってますw
ただし、避けてはその日一日を語れないような重大な喧嘩だけは書くかもしれませんが(笑)

今日はラスベガスでの2日目の旅行記です。

↓ つづき

----------------------------

初日は時差ボケと疲れもあったのでとりあえずカジノはやらずに、部屋に戻ってからゆっくりバスタブにつかって疲れを癒して…寝たはずなんですが、2日目起きたらなんと夕方の4時半でした(@□@;)

せっかく旅行に来てるのにもったいなーーーーい(>_<)
と思いつつ、ラスベガスの夜は長いので気を取り直してすぐに行動開始!

まずは私が毎回ラスベガスに来るたびに必ず一番最初のほうにする事・・・
それは、戦利品(予定)の物色です!!
えーと、つまり「もしもカジノで勝ったら・・・これを買おう!」って品物を物色(笑)
たいていは夢物語で終わりますけど。(遠い目)

------------------------

まずはベラージオの高級ショッピングストリートをぶらぶら。
ここはエルメス、ティファニー、ボッテガヴェネタ、フェンディ、グッチ、シャネル・・・などなど、とりあえず思いつく限りの高級ブランドがずら~っと並んでます。
しかもそのほとんどが夜中の12時まで営業しています。

ここで、いくつか(カジノで勝ったら)欲しいものをチェック。
いったいいくら勝てば全部買えるの~?!ってくらいたくさん欲しいものが見つかりました(笑)

普段だとまずは靴に目が行ってしまうのですが、今回はバッグによく目が行きましたねぇ。

次に、お隣にある「シーザーズパレス」というホテルの中にある「フォーラムショップス」というショッピングストリートへ。
ここは、お台場にあるヴィーナスフォートの元になった場所なので

ラスベガス2日目



こんな感じで室内なのに空があります。
こちらもざーっと気になるショップを流して終了。

こちらではブランド物よりは、セレクト系のものや安くてかわいいもの、セール品なんかのほうに目が行きました。

が、とりあえず今日はまだ何も買いませんでした。
(衝動買い王の私にしては上出来の結果です!!)

-----------------------

そんなこんなでもうそろそろご飯の時間になりました。
今日はアメリカらしくステーキです!!

ラスベガス2日目


店内暗すぎてお料理の写真がうまく撮れませんでした(笑)
ベラージオの中にある「Prime」というステーキハウスです。
ステーキハウスと言ってもシャンデリアなんか下がっちゃってって、ムードあって素敵なところでした。
お料理も美味しかったです。
ただやっぱりお肉は大きすぎてかなりおなかが苦しいです。

ラスベガス2日目


窓から噴水ショーも見えます(^^)
お隣のテーブルは70すぎくらいのアメリカ人のお婆さん2人組
2人でラスベガスに来たのかしら・・・?
だとしたらかっこよすぎる(笑)
しかもお婆さんなのにガッツリとステーキですよ。デザートまでしっかり食べてました。

---------------------------

ラスベガス2日目


食事の後は、シルク・ド・ソレイユ(←日本では”キダム”とかを公演していたサーカス団です)の「Zumanity(ズーマニティ)」というショーを観ました。
これは18禁のショーで、結構エッチな感じです(笑)
観る人によって好き嫌いが分かれそう。
あ、ちなみに私は好きでしたよ(笑)

アダルト・コメディーって感じですかね。
衣装とかもほとんど裸に近くて(女性はほとんどトップレス)、全身肌色ストッキングにわざわざアンダーヘアーみたいな飾りをつけていたり(笑)な衣装もあるし、ストリップショーに近いものがあります。
が、そこはさすがシルク・ド・ソレイユのショーだけあって、アクロバティックな演技は本当にすごい!芸術ですよ~あれは。
ショー自体もかなり笑える演出たっぷりなので、そういうアダルトな感じのコメディーが嫌いじゃない人にはおススメです♪

このショーは私も彼もずっと爆笑しっぱなしだったので眠くなりませんでした(笑)
まぁ彼に関して言えばおっぱいがいっぱいあったので眠くならなかっただけかもしれませんがね・・・(-_-)

------------------------------

ショーのあとは、カジノで遊びました。
結果は彼も私もちょい+(^^)v
ちょこっとだけ戦利品購入のための貯金ができましたわーい♪
ただ、油断するとすぐになくなってしまう程度の金額ですので注意が必要です。

ちなみに、私が遊ぶのはほとんどブラックジャックです。
(あとたま~にルーレットと、通りすがりにスロットマシーンとか)
ほんとはバカラとかにチャレンジしてみたいんだけど、バカラは掛け金も高いし、「お金持ちの遊び」っていうイメージがあってなかなか手を出せないのが現状です(^^;)

けど、いつか絶対チャレンジするぞっ!!


01/11 01:31 | 旅行記(ホテル・旅館) | CM:2 | TB:0
ほほ~、勉強になるなぁφ(.. ) メモメモ
なるほどなるほど、カジノのあるところにはブランドショップも有りなのですね(笑)。
う~ん、儲かっても使う、カジノですっちゃっても使う・・・お金に羽が生える場所って感じだなぁ~。
さすが、ラスベガスですね☆
カジノに縁がなくても、ゴージャスホテルやたくさんのショーだけでも何日も楽しめそう^^
いつかアメリカ人のおばあちゃんたちのように、お年寄りになったら長期滞在で行ってみたいな~(てか単に今行ける資金がないってことで^^;)。
● snow様

あ!たしかにそうですね~!
カジノすっちゃっても使うし、儲かっても使う。
結局お金はラスベガスに置いてきちゃう事になりますね(笑)
いったい一日にいくらくらいの金額が流れている都市なのか想像もつかないです!

うんうん。
おっしゃる通りラスベガスはギャンブルに興味のない人でも思う存分に楽しめちゃう街です(^^)
あとはお金も使わないでも楽しめる無料ショーもいっぱいありますし、有料のショーはほんと度肝を抜かれるような演出がたくさんあって何日いても飽きません!

私もお年寄りになったらおばあちゃん友達と2人でのんびり長期滞在楽しみたい♪(じいさん抜きでw)
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://lovehome2007.blog89.fc2.com/tb.php/222-b74e3e0c
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 ペガサス娘 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。