B型女の部屋作り
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
捨てるか捨てないかで喧嘩

こんばんは~。
今日は親と喧嘩をしてしまったペガサス娘です・・・


続き ↓


 

というのも、実はGW中にデスクまわりをスッキリと片付ける事に成功した私。
(このお片付け記事は後日また改めてアップしますね)
そして、前々からちらっと「机とイスを捨てたい」っていうような事を書いたことがあるのですが・・・
当初は、「パソコンスペース必要だし、机とイスを捨てるなんて無理だよなー。」と思って半分あきらめていたのだけど、今回デスク周りを片付けてみたら思ったよりも物が減って、別の場所にパソコンスペースを設置する事に成功!!
なので、前々からの夢(?)だった「机とイスをなくしてスッキリ空間」を実現できるかも!!と一気に興奮しました。
でも、それらを捨てるにあたって、一応母親に電話をかけてみたのです。
なぜなら、その机とイスは私が大学に入学した時に両親が買ってくれたものだったから・・・


まぁそんなに高いものではなかったと思うし、長年愛用したのでもう捨ててもいいだろうという軽い気持ちでした。
それよりも、「机&イス捨てる=スッキリ」のほうが楽しみだったんですね。


けど、そんな私に対して母親は怒りまくり・・・


もったいない!!


と怒ったのです。


いや、そう言われるかなー・・・?とは思ってたんですがね。
なんせうちの両親は
「もったいない族」ですから。


最近着々と片付けがすすむにつれ、もちろん不要になった家具や物がたくさん。
それを、うちの両親は「もったいない・・・捨てるんだったらうちで使う」と持っていったりする事もしばしば。
で、持って帰ったのは自分達のくせに「お前がいらない物を全部よこすから、ウチが狭くなる!」みたいな事を言うのです。
オイオイ、私は「捨てる」と言ったのに、「持って帰る」と言ったのはあなたたちじゃないですかい?


だからもちろん今回も私は反撃しました。
不必要な物に囲まれて生活したくないという事。
すっきりシンプルな部屋にしたいという事。
捨てるのはもったいないとは思うけど、もうこれ以上散らかさない=物を無駄に増やさない=結局は最終的には捨てるものを出さないために片付けているという事。


けど、それでも結局わかってもらえなくて・・・
最後母が言ったのは、「○○(私の名前)はその机とイス、自分のお金で買ったものじゃないからそうやって簡単に捨てられるんでしょ?」でした。


・・・これには私も沈黙してしまいました。
いや、違う・・・別に私は自分でお金を出して買ったもののほうが自分自身の責任で処分できるから気がラクだ・・・それよりも、こうして親に買ってもらったものだからこそ、ちょっとした後ろめたさがあってなかなか捨てるのに踏み切れないんじゃないか!!
だから今回だって「捨てていい?」って念のため確認の電話をかけたんじゃない!!!


でも、それは言えなかった。
なんつーか、親心?を考えてしまったのです。
きっと当時うちの両親は、進学する娘のために、少しでも勉強しやすいようにと・・・大きな机と機能的なイスを買ってくれたのでしょう。
(今では大きすぎて無駄に場所を取っている机と、座りごこちは良くてもあまりに事務的なデザインでインテリアぶちこわしのイスだとしても)


なんか「娘のため」を思って買ったものを、その娘がどんどん捨てようとしている。
これは両親の立場からすると、決して嬉しい事ではない・・・のだろうな、と思った。
なんかそんな両親の気持ちを考えると、今私がやっている捨て作業は、そういった両親の気持ちすら捨てている事になるのかなー・・・なんてちょっとしんみりと思ってみたり。


でもね。
やっぱりどーしてもいらないの!この机とイス!!!邪魔なの!!!
(ワガママ)


というわけで、最終的には親が折れて
「はいはい。じゃあその机とイスはおかーさんたちがもらうから捨てないどいて」
という結論に達しました・・・


ごめんね。おかーさん・・・。ワガママで自分勝手な娘で・・・


でも私、おかーさんたちの気持ちはちゃんとわかってるからね・・・


---------------------------------


本日は駄文&長文で失礼いたしました~。
やっぱりどんなものにせよ、誰かが私のためを思って買ってくれた&プレゼントしてくれた物を捨てるのは心が痛みますね。


<ネットオークションでお部屋スッキリ計画 5月>

本日の不用品売り上げ額:650円

+先日までのインテリア貯金:6180円
--------------------------------------
今月のインテリア貯金の合計:6830円





ブログランキング参加しています。
励みになりますので、よろしければぽちっとクリックお願いします♪

  にほんブログ村 インテリアブログへ



05/08 00:04 | 日々の出来事 | CM:9 | TB:0
両方の気持ち、何だかわかるなぁ~。うちの場合は婚礼ダンスをはじめとする家具です。
私の希望や好みを聞かず、父が「娘を思って」でしょうが、勝手に買ってくれました(シャレじゃないよ)。
狭い家には邪魔だし、コタツの脚は凝った彫もあり、まったくチグハグで気に入りませんでした。でも父なりの気持ちと、家具屋の親父にそそのかされて・・・いえ・・まー、親心ってもんです。親はありがたいね~。
逆に母は「あんたに買ってあげたものだから、好きにしていい」と言ってくれます。でも、本心かどうか親の気持ちを思うと、今も趣味じゃなく邪魔だと言いつつ捨てられません。
ものを捨てられないって、こういういろんな思いがあるからなんでしょうね。
「捨てる」ことは暮らしも気持ちも生き方も「シンプル」で気持ちよくなったりするんです。そして今までのモノに感謝もしてる、だけど、ご両親には伝わりにくいのでしょうね。
屁ガサス家実家で、「この机邪魔だわ」とご両親が文句を言い始めたら、きっと捨ててくれると思います。
とりあえず、今のところから実家にいくことで、よしとしましょうよ。
わかりますわぁ。。。
買ってくれた親の気持ちを思うとなかなか捨てられないんですよね。。特に大きなものは。
ウチの寝室はそんな捨てられないチェストにしぶしぶ合わせて新しい家具買いましたもん(苦笑
そうやってなんとかかんとか置けてるうちはいいけど、、一旦「不要!」って感じちゃうと邪魔なんですよね~。

ご実家で机が活用されればうれしいことだし、「もったいない」ってだけで使わず場所取ってたらペガサス娘さんと同じ気持ちで処分してくれますよきっと^^
● 男塾酉蔵様

おぉ!私が夜更かししている間にさっそくコメントを!
ありがとうございま~す(^^)
酉蔵さん、前に婚礼箪笥の事言ってましたもんね~。
そしてお母さんの意見!男らしい!!さすが酉蔵さんの母親だわ!!!
でも、机とイス程度だったらなんとかなりますが、さすがに婚礼箪笥をはじめとする家具類は・・・大きいし、値段もするだろうし、親心ぎっちり詰まってるし・・・難しいですよね(涙)
そうですね。とりあえずなにはともあれ屁ガサス家からあの机とイスが姿を消すことが決定したのだからよしとしなければ。
● ありき大様

おぉ!そして私が男塾酉蔵さんにコメントのお返事をしている間にありき大さんからもコメントが!!
時間差~。なんかチャットっぽくて楽しい~(笑)
そうそう、一旦「不要!」と感じてからは、そりゃあもうその物自体がとっているスペースにかなりの嫌悪感・・・。
「あれがなきゃもっとスッキリするのに・・・」って考えが一日中頭の中を駆け巡るわけです。
うちの両親も、そろそろ「捨て心」に目覚めて欲しいな・・・
ありますよね~・・・そういう物。
私が実家からもらってきた物は大きな家具とかはないんですけど、実はこの間整理した洋服ダンス(木製クローゼット)は、旦那がお父さんの形見としてもらった物で、重いし大きいし、正直処分したいのですが、やっぱり旦那的には形見の品なので手放せ無いらしく。(タンスを形見にもらうって・・・もっと小さい思い出の物にしてくれよって私は思いましたが)

私の実家は、父親が私以上に「もったいない族」で、私が嫁に行く時に捨てようと思った古いパソコンも「もったいない」って捨てずに取っておいてあるけど、一度も電源入れてないらしいです。
そんな父親のせいで、私の実家は、私の家以上に物にあふれています・・・でも、結局「もったいないから」もらってきた物って、そんなに活用しなくて邪魔な存在になると思うんですよね。
「片付けられない人のための掃除術」のみかこさんも書いてたけど、「不要な物を置いているそのスペースがもったいない」んですよね、本当は。
そのスペースが空いたら、他の物を置いて快適な生活が出来るかもしれないし、心の安らぎが手にはいるかもしれない。
それに、必要な物って年々変わってくるから、どうしても不要な物も出てきてしまう・・・
で、不要な物を処分せずに、必要な物を増やしてたら、物にあふれて、イヤになってくる・・・

私たちの親の世代って、「モノを捨てる」こと自体に罪悪感を感じると思うんですよね。もちろん人によるだろうけど、物が少なかった時代に育ってるから、せっかく手に入れた物を手放したくないと言うより(もちろんそれもあるとは思いますが)、物を捨てるなんて物に申し訳ない、みたいな・・・つまり、ゴミとしてしまうことに罪悪感があるというか。
なぜか私にもそういう所はあるんですけど(汗)。
例えば「リサイクルショップに引き取ってもらう」って言えば、少し気持ちが違うんじゃないでしょうか?
それでも納得してもらえなかったら、やっぱりご実家に引き取ってもらうしか無いですけど・・・

「せっかく両親が私のために買ってくれた物だから」っていう愛着と罪悪感は、どうしても感じてしまうけど、使わないのに邪魔者扱いされてずーっと放置されているのは、本当はその物にとっても不幸なことなんですよね。
って、自分の物だとなかなかそう思い切れないかもしれないけど(笑)
でも、その気持ちを、ペガサス娘さんのご両親も、うちの親も分かってくれるといいなぁと思います・・・・
うぇ~~~ん!さっき~、朝早くに~コメ書いたのに~、自分で消しちゃったのよぉ~~~!
そんでこの時間になっちゃった~・・・エヘッ。っていうぶりっ子発言は捨てちゃって~・・・

そうかぁ~、親と喧嘩したんだ~「捨てる、捨てない」って事で・・・
あたしは両方の気持ちがよ~くわかるよ。うんうん・・・

そこで、あたしがペガサス娘さんの記事読んで感じた事を1つ2つ・・・

あたしはね、ご両親に電話した時のペガサス娘さんの話の持っていき方で、ちょっと状況が変わったんじゃぁないかなぁ・・・って思ったのよね。
ペガサス娘さんはご両親が「もったいない族」って知ってたでしょ?だからね、あたしだったら・・・の話なんだけど、ご両親にはね「何かサァ~友達がねこの机、どうしても欲しいって言うのよね~・・・でさ、あたしももう机で勉強するわけでもないし、物の置き場状態になってるからさ、この際、友達に譲ろう、って思ってんだけどいいかい?」または・・・「この机とイスね、すっごく使いやすかったんだけどさ、もうほとんど使ってないんだよね・・・もしそっちで使うんだったら送るかい?」

・・・とか何とか言って。決して「捨てる、いらない」とは言わない方向にもっていくな・・・ホントは捨てるんだけどさ。でもさ、「ものは言いよう」ってあるっしょ?親に嘘つくみたいで心苦しいとは思うかもしんないけどさ。あたしなら電話かける前に、一人で予行練習していどんだね(笑)

年配になればなるほど「もったいない族」って増えてる気がすんのは・・・あたしだけ?

でも、ペガサス娘さんは偉いよ。親に買ってもらったから、って言う事で、ちゃんと了解得てから処分しようとしたんだから・・・でも、やっぱね、悩むよね、自分で買ったんなら即処分できんだけどね。人がからんでくるとな~んか後味が悪くなんのよね~・・・

あたしも一応人の親。普段は娘のものを勝手に買ってきたりするけどさ、でもさ、一応さ、娘の好みはわかってるつもりなんだよね~・・・って、その思い上がりがダメだよね。前に娘の部屋片付けた時、「これ捨てたら~」って言ったら「だって、それおかーさんが買ってくれたし・・・・」って言ってたこともあったしね。何かを買ってあげるときはちゃんと本人に聞く事にするわぁ~・・・

ごめんね、何か気にさわるような事言ってたらごめんね。

でも、とりあえず実家に送る、ってことで解決したようなんでよかったよね。
うんうん…そのときの情景が目に浮かぶようです…。
こう…あまりにも価値観が違いすぎて、説得しようにも、議論すらかみ合わない、ってこと、ありますよね~。
「いや、そういうことを言いたいんじゃないんだけど?」みたいな。
向こうは、感情のツボを突いてくるのがうまかったりしますしね(笑)。
わたしもさんざん衝突しまくりましたが、最近は「スルー」作戦で行ってます。
とにかく、衝突しそうになったら、それ以上こちらの意見を表明しない。
で、ありがた~くご意見をちょうだいして、その場を逃れる。
で、そのあと、こちらの思ったように行動する。
……ま、とは言っても、ついつい「わかってほしい」と思って、いろいろ説明しちゃうコトが多いんですけどね…。
親の傷つく気持ちも分かるし、かわいそうだし、でもこちらにも通したい考えがある。
みんな同じことを経験してるんですね~。
最終的にご両親は「あの子のいらないものを、ひきとってあげたのよ~」って満足なさってるのではないかと思うし、またそういうこと言われるのも子供としてはイラッとするけど(笑)、なんだかんだ言って喜んでるんでしょ、いい親孝行したな^^ってことで、良いのではないかしらん。
なにはともあれ、タイヘンでしたね。ご機嫌直してね(コドモか^^;)。
好きなもの・必要なものだけに囲まれたシンプルな暮らしをするために、
誰かが自分のために買ってくれたものを捨てるのは避けて通れない事ですよね。
相手の気持ちを思うと、とても心が痛みますが・・・
私も、子として親として、どちらの気持ちも分かる気がします。

うちの母親も「捨てられない人」だったので、
結婚する前はずっと家具だらけの家に住んでいました。
その時、大きな地震があったら、一家で家具の下敷きでしたね・・・
でも数年前、両親は一軒家からマンションに引っ越した時にだいぶ家具を手放しました。
家は狭くなったはずなのに、今のマンションのほうがずっと広々しています。
母親も、そんな暮らしが気に入ったのか、
ずっとスッキリした状態をキープしているようです。

ものを大切にするのは、とても良い事ですが、
使わないものをずっと取っておくためのスペースが無駄であることを、
ペガサスさんのご両親も早く気付いてくれると良いですね。
● mii様

うわ~ん(泣)心のこもったコメントどうもありがとうございます!
kicさんのお父様の形見・・・タンスですか・・・。
それはたしかにちょっと大きすぎるような気がします。
でもやっぱりそれが「形見」なんだし、たしかに手放せないかも・・・。
私は将来ボールペンとかそのくらいのサイズのものにしておこうかな。

うんうん。みかこさんのサイト私も以前読ませてもらいましたが、ほんとそのとーり!!
私が今「捨て」に走れるのも、その「不用品を置いているスペース」のもったいなさに気づいたからとも言えます。

そして大きく頷いてしまったのが、時代の違いについて。
たしかに私たちの親世代では、今のように物が飽和している状態ではなかったから・・・「まだ使える物」をゴミにしてしまうのが罪悪感なのでしょう。
私もその気持ちはわかります。
リサイクルショップに引き取ってもらうって言えばよかったなって今思ってます。でももう実家に引き取られることが決定してしまった・・・
次からは絶対にそうします!!

色々とありがとうございました~(^^)


● 緑マメ様

え・・・?ホント・・・?
それはそれは・・・2度も書き込んでくださって本当にありがとう!!!!

たしかに緑マメさんのおっしゃるとおり、最初から両親が「捨てるなんてもったいない!」って言う事が予想できていたのだから、話の持って行き方をもうちょっと考えてみればよかったなぁ・・・と思います。
人にあげるとか、リサイクルショップに引き取ってもらうとか、なんでもよかったんですよね。
「捨てる」という単語さえつかわなければ・・・後悔(>_<)

そして、うちの母も言ってました!!「歳を取れば物が捨てられなくなる・・・」って!

バカ正直に「捨てる」なんて言わなきゃよかった~~~~~。私アホだ~~~~。
こっそり捨ててもよかったんだけど、それだと後日両親がうちに来た時に「あら?机は??え!捨てたの!もったいない!!捨てるくらいなら欲しかった!!!」と言われるのが嫌だったんですよね。
でも、ほんと話の持っていきかた次第で色々と状況は変わったかもしれないのに・・・。

気に障るような事だなんて、とんでもない!!
かなり大きく頷きながらありがたく一つ一つの言葉をじっくり読ませてもらいましたよ~!

今回の出来事で、友人に贈るプレゼントも現金や商品券にしようかと思ってしまった(笑)


● snow様


そうなんですよ~!
ほんと、話がずっと平行線で交わることがなく・・・。
なるほど。スルー作戦ですね。うん!
次回何か物を捨てる時は、親にはだまって捨てるようにしようかな・・・っていうか、とりあえず親に買ってもらった家具では机とイスが最後の捨て物なはず。
今回は、私が親に対して「ママたちも、もうちょっと余計なもの捨ててスッキリ暮らしたら?」っていうような事も伝えたかったんですよね。
でも、結局まだ無理みたいなんで、ゆっくりゆっくり自分の気持ちを伝えて理解してもらえたら・・・と思います。
はーい!機嫌直りました~(^0^)/(コドモ・笑)
ありがとう~~~!!


● 雪様

ほんと、一生何も捨てずに生きていく事はできない・・・ですもんね。
自分の好きなもの・必要なものだけに囲まれた生活って、最強の理想ですが、その理想を実現するためには「捨てる」という作業が必要不可欠に・・・ですよね。

なるほど。雪さんのお母様も「捨てられない人」だったんですね~。
でも引越しを機にだいぶ変わられたとは!!なんともうらやましい話です~~~~。

うちは、今度もし何かの機会があれば詳しく書きますが、色々と事情があって今両親は1年の約2/3は札幌。残りは東京に住んでいるという行ったり来たりの生活をしてます。
なので、不用品も2倍!!!!!
東京のマンション用にあたらしくものを買い足したりとかやっちゃってるんで、もうどーにもこーにもならんのです・・・
せめて東京のマンションだけはスッキリさせればいいのに・・・

あぁ、こんなとこでまた愚痴っちゃダメですね。
次の母の日には、「捨てれる人になる」系の本をプレゼントしようかと思ってます。
うーん・・・嫌味だろうか??
なんとか早く気づいて欲しい~~~~!!!
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://lovehome2007.blog89.fc2.com/tb.php/122-f19d9422
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 ペガサス娘 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。